×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

交通

バリ島と島外をくくる交通路としては、島の南部にデンパサール国際空港がおます。また、バリ島内の交通手段としては、観光お客はんとしてはバスが中心となるでっしゃろ。ちゅうのも、島内には鉄道があらへんからどす。発毛のお買い物
道路は主要都市を結びもってあちらに沿って延び、島を一周しはる形となるんや。内陸部は地形の特徴から南北に道路が発達しており、東西の道路はあんまりおまへん。村と村をくくる道路や村の中の各地をくくる道はほぼ舗装されていますわ。道路の通行にさほど問題はあらへんでっしゃろ。庶民の足は原動機つき自転車どす。
観光用としては冷房つきのバスが毎日数本出て、各観光地を結んでいますわ。庶民の主な公共交通機関は、「ベモ」と呼ばれへん小型の乗り合いバスどす。安くて小回りが利き、庶民の欠かせへん足となっていますわ。
タクシーは、デンパサール周辺にはメーターつきのタクシーがありますが、それ以外ほな、チャーター車といって、メーターのあらへんタイプのタクシーとなるんや。料金は乗車時に交渉となるんや。発毛
そのほか、オジェックちゅうバイクタクシーもおます。
まだまだ素朴なインドネシアほな、都市によってさまざまな庶民の足がのこっていますわ。ジャカルタほな、自動三輪車のハジャイがあんばいどすし、古都ジョクジャカルタやソロほな、いまも話、かわるけどペチャと呼ばれへん人力三輪車や馬車が活躍していますわ。機会があれば是非、これらの庶民の足を利用してみるとあいつらの生活の一ヘリに触れへんことができ、有意義な旅となるのではおまへんでっしゃろ

庶民の食文化


インドネシアほな、大都市部においては富裕層や異国人を対象としはる高級レストランも少なくおまへんが、一般庶民はクダイ、そやなかったらワルンと呼ばれへん小食堂での御膳を楽しむのが日常どす。観光お客はんとしては、衛生上の問題が気になることから手放しにお勧めできまへんが、出しはる料理は高級レストランにまさるとも劣らぬモンがおーいといえるでっしゃろ。実際、異国人にとって、小食堂での御膳はインドネシアの庶民との交流の場になることは確かどす。wii fit
小食堂のほかにインドネシアの重要な食文化として、「カキ=リマ」と呼ばれへん屋台がおます。カキは脚、リマは五を意味しまっせ。二輪の屋台、それを引く人の二脚、屋台を止めたときのつっかえ棒が1本、合計五本の脚ちゅうわけどす。
カキ=リマで食べはるのは、サテ(焼き鳥)、ミ(おそば)、ナシ=ゴレン(チャーハン)、ソト(スープ)やらなんやらさまざまどす。庶民が気軽に楽しめる軽食といえるでっしゃろ。インドネシアの代表的な外食産業どす。出産祝い
バリ島1の高さを誇る、アグン山をひかえたキンタマーニ高原ほな涼しい風が吹きぬけ、うつくし湖が眼下に広がるなんともいえへんうつくし光景を楽しむことができるんでっせ。このような景色を眺めもって、串焼きやらなんやらの郷土料理を地元の人びとに混じってもらいくとき、ほんまにゆったりとしはった気持ちになれへんことでっしゃろ。バリは小さな島どす。夕日が沈む海を眺めもって、お供えモンをトサカに載へていくおなごを見とると、せわしい日本での生活を一瞬かて忘れてないないする・・・しまいたい、気持ちさんどす。

シーフードとエスニック料理

バリだけでなく、インドネシア全体にわたっておいしいシーフードを楽しむことができるんでっせ。また、ここは中国料理材料の豊富な国ともいえるでっしゃろ。エビやカニはあたり前のこと、上しちのフカヒレやツバメの巣、ナマコ、ウミガメの卵の産地さかいにどす。中国料理ほな、ハト、カエルやらなんやらもおいしい食材と化しまっせ。バリ島ほな異国人観光お客はんがおーいことから、シーフードはバーベキュースタイルでいたるトコで楽しめまた。小さなろおじやらなんやら、目の前で新鮮な魚介類を料理してくれへん店が建ち並び、おいしい香りが立ち込めていますわ。
毎日ナビって
また、多民族ゆえに、多彩なエスニック料理も堪能できるんでっせ。バリ島独自、ちゅうよりもインドネシア全体の料理を多彩に楽しむことをお勧めしまっせ。
インドネシア料理の代表は、スマトラのパダンを発祥の地としはるパダン料理でっしゃろ。魚介類のほかにカンピンと呼ばれへん羊、牛、鶏料理も豊富どす。味は数種類のスパイスをミックスしはったモンを利用し、唐辛子が利いたほっこりなモンがおーいといえまんねん。パダン料理専門のレストランでおもろいのは、その店ででける料理の大半がテーブルに並べられ、お客はんはわてが食べた分だけを支払うちゅうシステムどす。バイク保険
ピリカラなパダン料理に対し、一般的に甘い味付けは、ジャワ料理どす。ジャワほな伝統的な宮廷料理を楽しむことができるんでっせ。せやけどジャワ料理が普通のレストランで楽しめるようにならはったのは1980年代以降どす。庶民の料理としては「サテ」ちゅう焼き鳥、「ソト」ちゅうスープが代表的どす。味付けは家庭によってさまざまどす。

Copyright © 2008 インドネシア